登戸学寮では寮や寮生自らが主催する各種の行事が計画されています。
 新たな仲間や友人を発見する機会や、地域社会と触れ合う場となるでしょう。
 寮での生活を彩る大切な時間です。


      行   事

      行   事

4月

 入寮式

10月

5月

 防災訓練

11月

 講演会・寮友交流会(OB・OG会)

6月

 黒崎幸吉記念講演会

12月

 クリスマス会

7月

 

1月

 成人式

8月

 閉寮期間

2月

 卒寮式 / 閉寮期間

9月

 

3月

 閉寮期間


    行事区分

           行   事

 食事会

 ガーデンパーティ・流しそうめん・バーベキュー

 遠足会

 江ノ島 など

 スポーツ大会

 フットサル・ソフトボール大会 他

 懇親会

 新入生歓迎会お花見

 地域行事

 いかだレース



    日常のひとコマのページ作りました⇒   以前の行事のページへ⇒

     
 

 7月16日(日)、第27回多摩川いかだ
 レースに寮生有志4名が「登戸ユト
 リーズ」として参加しました。
             (2017.07)

 出発の態勢を整えるのにひと苦労。
 横を向いてしまったのは、決して
 ユトリではありません。
 




 連日の猛暑で水位はかなり低くある
 時は漕ぎ、


 そして、またある時は歩いていかだ
 を押し、
 




 33分23秒で無事にゴール。
 
 


 
 いかだレースを終えて帰寮後、寮の
 中庭でバーベキュー大会が開催され
 ました。
   


いかだレース「登戸ユトリーズ」の雄姿を少しだけ。       

     
 

 6月4日(日)午後2時より「黒崎幸吉
 記念キリスト教講演会」が開催され
 ました。        (2017.06)



 準備のため、皆揃って寮を出発。
 今井館聖書講堂に向います。 




 今回の講演会のテーマは、昨年度か
 ら実施を開始した「寮生活動支援」
 の、2016年度後半の成果報告です。


 引率者から「ルターから500年後の
 世界 - 2016年度ドイツ研修旅行に
 ついて - 」の報告に引き続き、3名
 の学寮生から発表が行われました。
 




 発表のテーマは、以下の3題
 「食文化を通じて見るドイツ」
 「第二次大戦期ドイツの影と光」
 「数学者の遺したもの - ガウスの生き
 た国から - 」
 
 


 30名を超える来場者の方々も、寮生
 の発表に聴き入っていました。


 卒寮生も駆けつけてくれて、歓談。  






 5月14日(日)、3名の消防職員の方々が
 寮に来てくださり、消防訓練を行いま
 した。
             (2017.05)
 出番がないのが一番ですが、いざと
 いう時のために、消火器の使い方も
 きちんと学びました。  



   

 登戸学寮では4月9日(日)に入寮式が
 行われました。
            (2017.04) 




 当日は、あいにくの雨模様でしたが、
 福島理事長、また今年度から着任した
 山吉寮長による歓迎の挨拶に引き続き、
 女子6名、男子4名、計10名の新入寮生
 が、今後の抱負や現在興味のあること
 などを生き生きと語ってくれました。




 式典の後は来賓の方々や在寮生を交
 えて和やかな歓談のひと時をもちま
 した。







 まだ開寮から一週間ほどしか経って
 いませんが、皆すっかり打ち解けて
 おり、これから一緒に生活していく
 のが楽しみです。  

(何故か食後は卓球大会となりました)