登戸学寮は、聖書学者として知られる黒崎幸吉(1886~1970)が、日本の将来を担う若者の
  聖書による全人格的教育を目指して、1958年(昭和33年)、枡形の地に男子学生寮を開設し
  たことに始まります。

 開寮は黒崎72歳の時ですが、若き日に師事
 した内村鑑三や新渡戸稲造の影響、38歳の
 時イギリスのセリオーク・カレッジでの経
 験が、登戸学寮構想の原点になりました。



 左は開寮当時の登戸学寮


  寮の開設までの道のりは決してたやすいもの
  ではありませんでしたが、黒崎の趣旨に賛同
  する多くの方々の協力や寄付を得て、初代の
  寮長にはフェリス女学院大学教授里見安吉氏
  を迎えます。



 

  

 以降、黒崎の遺志を継ぎ、60年を迎えよう
 とする現在まで、600名を超える卒寮生を
 世に送り出しています。

 また、2010年(平成22年)には、念願であ
 った女子寮(荒井記念棟)の併設が実現し、
 多くの女子学生の受け入れを行っています。

 左は現在の女子寮全景



  

  














 登戸学寮のホームページへようこそ

 公益財団法人登戸学寮は1958(昭和33)年に創立されました。
 創立60年を来年に迎える伝統のある学生のための学寮です。
 今までに約600人を超える学生がこの学寮で学び、社会に出て各
 方面で活躍しております。また、2010年には、ある篤志家の遺贈
 を受けて女子寮を開設しました。

 学寮での生活は、創立者黒崎幸吉の学寮設立の趣旨に沿い、週日の
 朝拝と日曜日には聖書の専門家である寮長の講話があります。
 学生生活が単に就職のためだけでなく、世界に通じる広い教養を身
 につけるためにも、世界の古典中の古典である「聖書」を学びます。

 東京近郊にありながら川崎緑地帯に位置しており豊かな自然環境に
 恵まれ、また寮友との交流は生涯の宝です。食事つきですので規則
 正しい生活が出来ます。私自身も創立時の学寮に学びました。
 そしてこれが一生の生き方を決めてくれました。

 学寮の運営には理事会が当たっておりますが、この度、理事長に選
 出されました。力不足でありますが学寮・寮生のために尽力してま
 いります。ご入寮をお待ちしております。

           公益財団法人 登戸学寮理事長  福島 穆

                 <運営体制>
                  理事長 福島 穆
                  常務理事 副島正人
                  常務理事 小島拓人
                  理事 櫛田俊明
                  理事 鷲見八重子
                  理事 野田一三
                  理事 大竹英雄
                  理事 小西孝蔵
                  理事 牛嶋 仁
                  理事 織田千尋


  

    私は、これまで長きにわたって日本およびドイツの大学で学ぶ機会に
 恵まれました。そこで培った知識や経験を自分一人の中で完結させて
 しまうのではなく、周囲の人、とりわけ次世代を担う若者に伝えたい
 と思い、寮長の責をお引き受けしました。

 私自身、ハイデルベルクではバーデン州教会が母体である Theologi-
 sches Studienhaus Heidelberg、ハイデルベルク大学が母体である
 Ökumenisches Wohnheim für Studierendeという、キリスト教理
 念に基づいた二つの寮で過ごし、後者では運営委員会にも携わりまし
 た。その中で個々人の生活は尊重しながらも、匿名にただ隣り合って
 住むのではなく、共に生活するという経験が、生涯にわたってどれほ
 ど大きな意味を持つかを身をもって学びました。

 これまではそのような素晴らしい環境を与えられる側でしたが、これ
 からはこれまでの聖書の学びと経験を活かし、寮生が安心して生活で
 き、よき出会いと学びの場をつくり出すことができるよう尽力したい
 と思います。

 明るい未来が見えず、慢性的な不安が広がる中、これからの世界はま
 すます他者との連帯が求められるようになります。活躍の場を日本国
 内に求めるにせよ、国外に求めるにせよ、世界で起こっている出来事
 と無関係に生きてはいられません。

 長期間ドイツという国で自身が少数派の「外国人」として暮らしたこ
 と、様々な国から来た友人を得たことは、私自身のみならず、寮生の
 視野をも広げることができると思います。そして何より世界の古典で
 ある聖書に学び、どのように生きるべきかを自分で考えることのでき
 る人間となる過程を、寮生と共に歩んでいければと考えています。

                            2017年4月

                        寮長 山吉 裕子